リンク:江戸の外食文化の資料|日本料理の種類と歴史|日本食文化の醤油を知る|醤油の豆知識

http://www.eonet.ne.jp/~shoyu/mametisiki/reference-19.html
記事の更新日:2016-09-18
歴史的に今の日本料理の基礎が出来上がったのは、鎌倉・室町時代といわれています。室町以前も公家などの間では刀などで魚をさばいていましたが、庶民にも包丁や鍋などが行き渡るようになったのは室町時代でした。その頃から魚を包丁でさばくなど、日本独自の調理法が生まれ、一般家庭でも日本料理の原形が確立しました。
登録日時:2017/07/25 18:29:53
サイト:日本食文化の醤油を知る
著者:北伊醤油

はてなブックマークでのコメント