リンク:Against Gravity「VRでの身体的ハラスメントは非常に強烈なものになることがある」

http://jp.gamesindustry.biz/article/1708/17081601/
記事の更新日:2017-08-16
ゲームにまつわる歓迎的かつ開放的なコミュニティを構築することの重要性は年々高まっているが,バーチャルリアリティの出現により,ソーシャル・エクスペリエンスを生み出すデベロッパにはさまざまな新しい問題が提起されている。先週開催された世界最大級のカジュアルゲームカンファレンス,Casual Connect USAで登壇したワシントン州シアトルに本拠を置くAgainst Gravityの共同創立者でCCOのCameron Brown氏は,同社がソーシャルVR空間であるRec Roomでどのようにこれらの問題にアプローチしたかを詳述した。
登録日時:2017/09/04 12:00:37
サイト:GamesIndustry.biz Japan Edition
著者:Matthew Handrahan

はてなブックマークでのコメント

  • filinion2017/08/17 09:19
    現実感が強い一方、ユーザーは現実より気軽に下品なことを言ったり嫌がらせをしたりできてしまうので、それへの対処をいかに実装するかが課題、と…。
  • natsu-case2017/08/16 22:44
    "Time To Penis" "プレイヤーがゲームをしながらペニスに関するジョークを言い始めるまでの時間の意"