リンク:60年代の料理革命

http://www.geocities.co.jp/Foodpia/6374/sixtyseventies.htm
記事の更新日:2002-02-04
60年代に入ってもインスタント・グルメは続いていました。1966年の“ルック”誌には、「アメリカの女性は世界で一番の料理人か?」というタイトルの記事が載り、彼女らの無邪気な自信を褒め称えました。が、もちろん反対する人も多くいました。あるフード・ライターはこうです。 「ピアノのレッスンを5回受けた位でショパンのコンツェルトを弾こうとは夢にも思わない人間が、5冊の料理書とも思えない本を読んだ位で“グルメ料理”に自信を持つなんて」
登録日時:2017/08/21 20:55:11
サイト:~Into the AMERICAN COOKERY アメリカ料理を探検する~
著者:不明

はてなブックマークでのコメント