リンク:オオカミ少年は真実を語れるか──世界を騙したJ.T.リロイ=ローラ・アルバートの狂気と正気

https://wired.jp/special/2017/jtleroy/
記事の更新日:2017
2000年の処女長編で脚光を浴びた18歳の小説家、J.T.リロイ。ローティーンの少年が女装の男娼となる奇譚は、それが自伝色要素を含むことも衝撃を与えた。 さらに2作目は映画化され、J.T.リロイは 著名人とも交わり、セレブリティの一員となる。しかし2006年、真の作者はマネジャーのローラ・アルバートだったことが暴かれた。 「真実」の意味がより流動的になった2017年、『WIRED』日本版は彼女を直撃した。
登録日時:2017/09/07 11:43:06
サイト:WIRED.jp
著者:SHINICHI UCHIDA

はてなブックマークでのコメント