リンク:第24回 ~九州の塩泉紀行 その4-宮崎県鹿野田神社塩井戸・高屋温泉(前編)- ~

http://www.shiojigyo.com/study/series/24.html
記事の更新日:2007-03
大分の臼杵駅を朝9時頃に出発して、特急列車で宮崎へ向かう。列車は、延岡までの間、何もない山の中を延々と走り続ける。通過する駅も、駅しかないようなものがほとんどで、人家が見当たらない。夜になったら車窓の風景は、恐らく黒一色になるのではないかと思われるほどである。延岡あたりで、ようやく人の気配が感じられる風景になってホッとする。
登録日時:2017/08/02 10:06:30
サイト:公益財団法人塩事業センター
シリーズ:たばこと塩の博物館だより
著者:高梨 浩樹

はてなブックマークでのコメント