リンク:東北地方の厩猿信仰

http://www.city.oshu.iwate.jp/htm/ushi/07_tomo/mayazaru/02_nakamura.html
記事の更新日:0000-00-00
私は、牛小屋・馬小屋に猿の頭蓋骨や手の骨を祀り、牛や馬の安産や健康、厩の衛生などを祈願し、厩猿を保管しているたくさんの事例を見てきました。私の研究は、「厩猿信仰に伴う頭蓋骨の調査による口承と生息分布域の相関関係」という難しいタイトルが付いていますが、東北6県に残っている厩猿を拾い集めて、当時のニホンザルの生息地域との関係を調べています。1797年の岩手県史による馬の数は、一世帯に1.5頭です。仮に全ての世帯に猿の頭や手が祀られていたとすると、厩猿信仰のために多くの猿を捕殺したと考えられます。このことを証明しようとしている訳です。
登録日時:2017/08/21 13:10:42
サイト:奥州牛の博物館
シリーズ:厩猿信仰
著者:中村 民彦

はてなブックマークでのコメント