リンク:読む機械──自然言語処理の新たな地平

https://wired.jp/special/2016/nlp/
記事の更新日:2016
「自然言語」とは、普段ぼくらが使っている「ことば」のこと。普段何気なく使ってるから簡単なものかというととんでもない。コンピューターにこれを「読ませよう」としてもこれが、実に難しい。 融通無碍な「ことば」や「概念」を、画像や音声のように機械に認識させること。AI研究の最先端を走る天才たちが、いまその難題に本腰で取り組み始めている。グーグル、フェイスブック、そしてMetaMind。 自然言語処理研究をリードする3人の天才に、(なぜか)予防医学の俊英・石川善樹が迫る。
登録日時:2017/09/07 18:23:04
サイト:WIRED.jp
著者:YOSHIKI ISHIKAWA

はてなブックマークでのコメント

  • nasustim2018/05/25 18:57
    > 言語に関する研究が進んでいないのには理由がある。それは一言でいうと「言語の特徴量を見つけるのが難しい」からだ。