リンク:世界で一番甘い化合物(1)

http://www.org-chem.org/yuuki/sweetest/sweetest.html
記事の更新日:2008-01-23
甘い化合物の代表といえば、言うまでもなく糖類です。糖は体内に取り込まれるとすぐに燃やされ、効率のよいエネルギー源となります。この大事な化合物を積極的に取り入れるため、糖を食べると快い味を感じるように生命は進化したと見てよいでしょう。実際、体内のイオンバランスを整える食塩、タンパク質の原料であるアミノ酸、DNAやRNAの原料となる核酸類など、人間が生きるために必要な化合物には食べると美味しいものが少なくありません。
登録日時:2017/07/25 17:29:16
サイト:有機化学美術館
著者:佐藤健太郎

はてなブックマークでのコメント

  • jiangmin-alt2017/10/08 04:46
    "一般に、水酸基をたくさん含む化合物には甘味がある", "塩素原子は水酸基と大きさが似ているので舌では甘さを感じます"
  • amakomi4502015/02/14 18:25
    使用禁止になった人工甘味料
  • llil2012/07/31 09:26
    化学/
  • ext32008/11/20 21:39
    "砂糖の600倍という甘さ"で体内には吸収されない