リンク:第18回 ~ チベットの「内陸製塩」 ~

http://www.shiojigyo.com/study/series/18.html
記事の更新日:2006-01
第15回で紹介した日本の内陸製塩の話題のうち、とくに、北会津地方の【5】大塩村の藩政期の「内陸製塩」は、藩内の需用を満たすほどであったということから、村民の自給も全て賄えていたと考えられるもので、「大きな移動や交易をしなくとも、塩を含めた環境適応が可能な生業形態」の例としての可能性を感じさせるものであった。
登録日時:2017/08/02 10:00:51
サイト:公益財団法人塩事業センター
シリーズ:たばこと塩の博物館だより
著者:高梨 浩樹

はてなブックマークでのコメント