リンク:西川善司の「試験に出るゲームグラフィックス」(4)レイトレアプローチで作り上げた「The Tomorrow Children」の先進ビジュアル,前編

http://www.4gamer.net/games/269/G026934/20160806006/
記事の更新日:2016-08-27
PlayStation 4(以下,PS4)&Xbox One時代というか,DirectX 11世代のゲームグラフィックス時代に突入し,「動的光源の無制限化」「物理ベースレンダリング」「リアルタイム大局照明」などに,実用化の動きが見られるようなった。 ただ,リアルタイムの大局照明――大域照明とも言う――だけは,2016年7月時点においてPS4やXbox Oneと比べて数倍という性能を持つPC用GPU向けというのが業界のトレンドで,PS4やXbox Oneでの実装に対しては,まだ及び腰のゲームスタジオが多いのいうのが実情だ。
登録日時:2017/09/06 13:47:34
サイト:4Gamer.net
著者:西川 善司

はてなブックマークでのコメント

  • suzukiMY2017/05/01 09:37
    『地形生成システムに独特なポイントクラウドな構造のLayeredDepthCubeを動的にポリゴン化。SparseVoxelOctreeGlobalIlluminationの軽量化版。VoxelCascades構造』
  • k-takahashi2017/02/17 21:46
    『PS4にとっては難しいテーマであるこのリアルタイム大局照明に取り組み,採用』計算量とメモリ量を考えながらの実装