リンク:ニコライ・フレデリク・セヴェリン・グルントヴィ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B4%E3%82%A3
記事の更新日:2017-08-26
ニコライ・フレデリク・セヴェリン・グルントヴィ(Nikolaj Frederik Severin Grundtvig、1783年9月8日 - 1872年9月2日)は、デンマークの牧師、作家、詩人、哲学者で教育者でまた政治家でもあった。通常、名前はNFS・グルントヴィと略称される。彼は、デンマーク史において最も影響力の大きかった人物の一人で、その哲学は19世紀後半、デンマークの新しい民族主義を形成するに際して大きな刺激を与えた。彼は、ファーストネームを三度変え、三度目は彼の76年の人生にちなんで名付けられている。 グルントヴィと彼の後継者たちは、現代のデンマークの国民意識に現在も大きな影響を及ぼしている。それは国民文学のなかに広く染み渡っており、それは深い信仰の力によっても支えられている。
登録日時:2017/09/04 18:18:37
サイト:Wikipedia
著者:Wikipedia

はてなブックマークでのコメント