リンク:江戸外食文化の始まりと長屋住い

http://www.eonet.ne.jp/~shoyu/mametisiki/reference-15.html
記事の更新日:0001-01-01
日本の外食文化は、江戸時代前期に起こった浅草金竜山の奈良茶飯の店から始まり、後期には八百善のような高級料亭も誕生するようになった。江戸の外食産業の始まりは、天秤棒で商品をぶら下げて売り歩く「振売り(ふりうり)」と、加熱調理をした飲食を提供する「焼売・煮売屋(にうりや)」であった。
登録日時:2017/07/25 18:01:38
サイト:日本食文化の醤油を知る
著者:北伊醤油

はてなブックマークでのコメント