リンク:裸体とはじらいの文化史―文明化の過程の神話

http://www.ringolab.com/note/daiya/2009/09/post-1064.html
記事の更新日:2009-09-07
人類のはじらいの文化は、野蛮から文明化社会へ、不作法から洗練へ向かったという一般的な見方(ノルベルト・エリアスの文明論に代表される)を真っ向から否定する研究書。原始社会の人々は裸体や排泄する姿を人前に晒すことに恥を感じない野蛮な社会だったというのは根拠がないウソであるという。むしろ原始社会と言われる社会の方が恥の感性は発達しており、裸体の社会的管理も厳格だったりするのである。
登録日時:2017/06/21 12:23:36
サイト:情報考学 Passion For The Future
著者:daiya

はてなブックマークでのコメント

  • gogatsu262016/01/25 22:26
    “全裸で暮らす≪未開の≫部族は、一見、裸に対して羞恥心を持たないかのように思えるが、実は彼らはお互いの裸体を見ないように暮らしているのだ。”
  • njamota2010/08/27 11:13
    「原始社会の人々は裸体や排泄する姿を人前に晒すことに恥を感じない野蛮な社会だったというのは根拠がないウソ…むしろ原始社会と言われる社会の方が恥の感性は発達しており、裸体の社会的管理も厳格だったりする」
  • shino-katsuragi2009/09/24 12:00
    これは読んでみたい。
  • uforce2009/09/20 13:00
    >人類のはじらいの文化は、野蛮から文明化社会へ、不作法から洗練へ向かったという一般的な見方(ノルベルト・エリアスの文明論に代表される)を真っ向から否定する研究書。原始社会の人々は裸体や排泄する姿を人前
  • achakeym2009/09/10 20:48
    同じく図書館にあるようなのでよんでみよか
  • oooooooo2009/09/09 20:34
    全裸で暮らす≪未開の≫部族は、一見、裸に対して羞恥心を持たないかのように思えるが、実は彼らはお互いの裸体を見ないように暮らしているのだ。
  • proto_jp2009/09/09 09:49
    全裸で暮らす≪未開の≫部族は、一見、裸に対して羞恥心を持たないかのように思えるが、実は彼らはお互いの裸体を見ないように暮らしているのだ。うっかり男性自身を硬直させないよう女性に近づかないように心掛け
  • nanoha32009/09/09 05:10
    裸体をさらすようになれば、見にくい腹をさらす人は減ると思う。年齢と共に、スポーティーだった友達がビール腹になっていくのは正直辛い。・・・そうか、「見える化」だ!
  • gav2009/09/08 23:03
    低学年の子が風呂上りに家族の前に出て「見るな!」と言ったというのに、「ボウヤがフルチンだからさ」と言う他ないと思ってた。見ないという文化。江戸では障子でもふすまでもエッチ聞こえないフリ
  • inumash2009/09/08 22:03
    ああーこういうの面白いなぁ。銭湯やヌーディスト・ビーチみたいな場所での人々の振る舞いと比較したりすると面白いかも。
  • rz1h931f4c2009/09/08 20:25
    性や恥に対する文化を一元化しようとするフェミはこの世から消えてほしい。
  • shion2142009/09/08 19:40
    はじらいというのは文化、社会によって規定されるものであるということか。しかし、この本、人類学的にみるとうさんくさそうな気がしないか?文献だけでなく生の資料がちょっとほしいかも。文化史だからいいか。
  • uunfo2009/09/08 18:55
    現代の「原始社会と言われる社会」が原始的で昔の人類の社会と同じだという前提自体がすでに間違っていると思うんだけどね。「文明化社会」も「未開」の「原始社会」も同じだけの時を経てるんだよ。
  • laislanopira2009/09/08 15:50
    「裸の社会では、服を着た人たちより礼儀正しく振る舞わねばならない。言葉、身振り、視線もすこぶる慎重で用心深くなければならない。」
  • ki-sa2009/09/08 15:41
    ¥4725
  • richard_raw2009/09/08 15:30
    ≪未開の≫部族ほど儀礼的な戦争をする。衣服の量は残虐さと比例しているのか。
  • silverscythe2009/09/08 14:30
    紹介うまい‥‥
  • Imamu2009/09/08 13:58
    心理的な「幻の衣」『裸の社会では、服を着た人たちより礼儀正しく振る舞わねばならない。言葉、身振り、視線もすこぶる慎重で用心深くなければならない』
  • Kmusiclife2009/09/08 13:32
    日本文化は恥の文化だ。それを軸に考えるのはちょっとぶれる。西洋の信念の文化のモラルは宗教。宗教と裸体の恥じらいをしっかりと解くべき。
  • goldhead2009/09/08 12:05
    身体の何度?
  • takahiro_kihara2009/09/08 11:24
    にあるようなので、読んでみる。→一言評価http://d.hatena.ne.jp/takahiro_kihara/20090913
  • ka-wara2009/09/08 11:18
    『原始社会には物理的な個室の壁や衣服がない代わりに心理的な「幻の衣」をまとい、「幻の壁」を作りだして、恥を社会的に管理していた/はじらいとは人類に普遍の感性であることが』
  • ryuzi_kambe2009/09/08 10:53
    つまり服を着ていなければ着ていないほど紳士という無理矢理論が案外正しいと歴史が証明していると…!/id:ahmok さん、Google にはもっと恥じらいが必要だ、ということですね、わかります
  • kennak2009/09/08 10:10
    小学校でトイレで大の用が足せない子供の感覚は人類史的には結構まともなのである。
  • wakkk2009/09/08 09:28
    面白そう
  • rlight2009/09/08 09:15
    「原始社会には物理的な個室の壁や衣服がない代わりに心理的な「幻の衣」をまとい、「幻の壁」を作りだして、恥を社会的に管理していたのである。」
  • mamoruk2009/09/08 09:02
    こういう本おもしろいですよね
  • georgew2009/09/08 08:45
    読みたいなぁと思ったけど学術書故に高価なのが難点。
  • ahmok2009/09/08 08:09
    Googleストリートビューに気持ち悪さを感じるのは、こういった恥じらいを機械的に切り取ったからなんだと思うんだけどなあ