リンク:江戸外食文化の定着

http://www.eonet.ne.jp/~shoyu/mametisiki/reference-16.html
記事の更新日:0001-01-01
江戸時代半ば以降に普及した寿司やウナギ、天ぷらなども後に次第に高級化するが、初めは江戸庶民の手軽なファストフードの屋台として登場した。いずれの料理も当初は、上方(関西)で生まれたものが、江戸において洗練され「江戸前料理」として発展した。
登録日時:2017/07/25 18:04:27
サイト:日本食文化の醤油を知る
著者:北伊醤油

はてなブックマークでのコメント