リンク:間奏曲-ソーカル事件と「知の欺瞞」-

https://ocw.kyoto-u.ac.jp/ja/general-education-jp/introduction-to-physics/html/physics/sokal1.html/
記事の更新日:2013-05-29
ニューヨーク大学物理教授のアラン・ソーカル(Alan Sokal)が(私から見ると質 の悪い)悪戯を思い付き、実行したのは1996年の春の事であった。ソーシャルテ キストという雑誌に「境界線を侵犯すること——量子引力の変形解釈学へ 向け て——」という論文を投稿した。この雑誌はカルチュラル・スダディーズという 近年流行している分野の代表的雑誌の一つと目されており、あろうことかその論 文はポスト・モダン と呼ばれる哲学分野の最も有名な何人かが寄稿している (それも後述のサイエンスウォーズの)特集号に掲載されてしまった。
登録日時:2017/06/26 12:57:40
サイト:京都大学OCW
著者:早川 尚男

はてなブックマークでのコメント