リンク:チャンディーガル建築案内

http://www.kamit.jp/17_world/26_chandig/chandig.htm
記事の更新日:2001-12-26
インドがイギリスから独立したのは今から約 55年前の 1947年ですが、パキスタンと分離独立したために、パンジャーブ地方はインド側のパンジャーブ州とパキスタン側のパンジャーブ州に二分されてしまいました。中心都市のラホールはパキスタン側に編入されてしまったために、故ネルー首相は新しい州都を建設することにし、翌年土地を選定しました。そこにはいくつかの村があり、ヒンドゥ教のチャンディー寺院があったことから、新しい都市はチャンディーガルと名づけられました。
登録日時:2017/07/09 16:05:21
サイト:神谷武夫とインドの建築
著者:神谷 武夫

はてなブックマークでのコメント

  • momotohana01312012/12/04 10:15
    コルビジェが街を一から起草したインド、パンジャブ州の州都。町中にはコルビジェの建築やモニュメントが並ぶ。世界遺産にも申請されている街でもある。