リンク:日本の養蜂の歴史

http://www.beekeeping.or.jp/beekeeping/history/japan
記事の更新日:0001-01-01
日本ではじめてミツバチのことが史上に現れたのは「日本書紀」の推古35年(627)のくだりに「夏五月、蝿有り、聚集れり、その凝り累なること十丈ばかり、虚に浮かびて以て信濃坂を越ゆ。鳴く音雷の如し。すなわち東のかた上野国に至て散りぬ」との記載があります。この頃は一般には「蜜蜂」という文字も言葉もなく、これを蝿の群れと呼ぶほか表現の方法が なかったのでしょう。
登録日時:2017/07/21 16:17:17
サイト:一般社団法人 日本養蜂協会
著者:一般社団法人 日本養蜂協会

はてなブックマークでのコメント