リンク:第19回 ~ 現在の群馬県での「内陸製塩」 ~

http://www.shiojigyo.com/study/series/19.html
記事の更新日:2006-03
今回紹介する塩泉は、赤城山南西麓の裾野、群馬県勢多郡富士見村にあり、泉温52.6度という立派な温泉で、「富士見温泉」として村営の入浴施設になっている。地下1,000m以深からの動力揚湯で平成9年にできたばかりの温泉であるから、残念ながら、古くから「塩泉製塩」が行われてきたという可能性はない。以下、番組からの情報を中心に簡単に整理しておく。
登録日時:2017/08/02 10:01:27
サイト:公益財団法人塩事業センター
シリーズ:たばこと塩の博物館だより
著者:高梨 浩樹

はてなブックマークでのコメント