リンク:東日流外三郡誌とは 和田家文書研究序説

http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/sinkodai1/koga101.html
記事の更新日:1995
青森県五所川原市飯詰の和田家に推定一万点を越えるとされる先祖より受け継いだ、あるいは山中より発見された文書・遺物がある。文書は数千冊、遺物は一万点にも及ぶという(当主和田喜八郎氏談)。まさに「北の正倉院」とも称すべき様相である。中でも文書類は「和田家文書」と称され、その内容は津軽(東日流)の古代より近代に至る伝承などが記された一大伝承史料群である。
登録日時:2017/09/13 12:06:23
サイト:新・古代学
著者:古賀 達也

はてなブックマークでのコメント