リンク:形態学からみたサル

http://www.city.oshu.iwate.jp/htm/ushi/07_tomo/mayazaru/04_mouri.html
記事の更新日:0000-00-00
猿の頭骨を計測して研究を行っています。今日も2つ測りましたが、両方とも若い雄だと思います。一つ一つ見た目はかなり違います。人間もそうですが、一人一人の顔つきとか頭の形とかいろいろあります。形態学でどの集団でこうというためには同じ基準で計って、平均を出して比較する必要があります。ある個体だけ見ますと、個体間では違いが大きいです。厩猿もいくつか計測しましたが、個体数が少ないのでどのようにまとめたらいいのか悩んでいます。
登録日時:2017/08/21 13:14:31
サイト:奥州牛の博物館
シリーズ:厩猿信仰
著者:毛利 俊雄

はてなブックマークでのコメント