リンク:サルと人の関わり

http://www.city.oshu.iwate.jp/htm/ushi/07_tomo/mayazaru/03_sannohe.html
記事の更新日:0000-00-00
日本人は、ニホンザルをどのように見て、どのようにつき合ってきたのでしょうか。 縄文時代の遺跡、おもに貝塚遺跡からですが、北海道を除いて全国に、サルの骨が出土しています。ということはサルを捕って食べていたということです。
登録日時:2017/08/21 13:13:03
サイト:奥州牛の博物館
シリーズ:厩猿信仰
著者:三戸 幸久

はてなブックマークでのコメント