リンク:進歩と退化のはざまで ― ドヴォジャークの「親しみやすさ」と苦悩 ―

http://www.hfukuda.info/muzika/muzika13.htm
記事の更新日:2010-07-07
ドヴォジャークの成功物語は,「辺境民族」の文明化を示す事例としても捉えられた。1891年,彼がケンブリッジ大学から名誉博士号を授与された時,「人里離れたボヘミアの片田舎」に生まれたにもかかわらず「厳しい障害」を克服して音楽文化の発展に寄与した,という点が学位授与の理由として挙げられている。「ボヘミアの片田舎」とは随分失礼な言い方だが,イギリス人のチェコに対する認識はその程度のものだった。
登録日時:2017/07/07 13:23:36
サイト:マルチヌーのハーフタイム 音楽と社会,そして近代
シリーズ:音楽についてのエッセイ
著者:福田 宏

はてなブックマークでのコメント