リンク:XYZ色空間に迫る(1)

http://qiita.com/Ushio/items/203f16ad1e23fd42231c
記事の更新日:2017-06-04
色は非常に私達の生活に密着していて、当たり前のように存在しているにも関わらず、いざ真面目に扱おうとするとよくわからなくなってしまうものではないでしょうか。 色の知見というのは非常に幅広く、無限に広がっていってしまう上、表色系周りの話では抽象的になりがちで難解です。そこで現状さまざまな基礎になるRGB表色系、XYZ表色系周辺の理解を目的として、寄り道をしながらもストーリー立ててまとめてみようと思います。
登録日時:2017/06/14 19:59:12
サイト:Qiita
シリーズ:XYZ色空間に迫る
著者:Ushio

はてなブックマークでのコメント

  • Yeshi2018/05/09 11:09
    なんだこのすごく気合の入った記事は。色とは何かを根本から解説。
  • nitteru2018/03/17 22:17
    色彩工学はいまいち理解が追いつかない
  • sky-y2017/06/07 16:01
    色の科学。色について色々考察するうちに、いつの間にか耳の構造の話になってるのも面白い。
  • keint2017/06/05 21:28
    L*a*bやL*u*vも出てくるかな
  • cibea2017/06/01 18:05
  • rekp2017/05/31 20:38
    物理の知識もいるし生物もとい神経の知識もいる
  • itouhiro2017/05/31 18:57
    「違って見える色が画像エディタでピクセル確認すると同じ色→照明環境をキャンセルして本来の物体の色を捉える脳。色恒常性。補色という考えは光の三原色と対立している→段階の違い説。緑は明るく見える」
  • shidho2017/05/31 15:48
    あちこちで聞いたようなことがする(けど全然覚えられない)話だ…
  • yamadar2017/05/31 13:46
    めちゃめちゃ素敵な記事。“正確にいうと、光線には色がついていない。光線の中にあるのは、この色あの色などという感覚を引き起こす、ある種の力や性質にほかならない”
  • mrkn2017/05/31 13:28
    こういうのを10年以上前から読みたいなと思って待ってた気がする。ありがとうございます。
  • z31002017/05/31 11:12
    よくまとめたなぁという印象
  • fellfield2017/05/31 10:27
    『正確にいうと、光線には色がついていない。光線の中にあるのは、この色あの色などという感覚を引き起こす、ある種の力や性質』……同じ波長の光を見ていても、動物や昆虫は違う色に見ていると読んだことがある