リンク:Ruby 3.0の未来へ―、言語設計者のまつもと氏が示す3つの方向性とRuby哲学

http://hrnabi.com/2015/05/12/7035/
記事の更新日:2015-05-12
「Ruby 2が一般化した今、そろそろ新しいことを始めよう。これはRuby 3.0への扉を開く宣言です。未来へ備えよう。コミュニティとして死なないように、ワクワクする未来を妄想しよう。新しいことを始めよう」 こんな風に開発コミュニティに呼びかけたのは、世界的に人気の高いプログラミング言語「Ruby」(ルビー)の生みの親で言語設計者のまつもとゆきひろ氏だ。この「宣言」とも言える発言は、2014年9月に開催された「RubyKaigi 2014」で出てきたものだ。基調講演をしたまつもと氏は、講演の中で初めてRuby 3.0というメジャーバージョンへ言及して、次なるマイルストーンとして設定することを公の場で宣言した。
登録日時:2017/08/21 13:20:30
サイト:HRナビ by リクルート
著者:HRナビ編集部

はてなブックマークでのコメント

  • ragion2018/01/21 14:11
    “静的型を入れることによって柔軟性が減る”
  • otahi2015/11/28 07:35
    @dec9ue Ruby3.0? いつかはわからないけど。
  • crist182015/11/14 12:35
    ruby3.0
  • machupicchubeta2015/05/24 14:14
    thread のこと考えるの楽しそう
  • anrkny2015/05/17 11:27
    Check out "Ruby 3.0の未来へ―、言語設計者のまつもと氏が示す3つの方向性とRuby哲学"
  • blp15262015/05/13 13:59
    “VM記述言語を作って、そこからCのコードを吐くようにして複雑性があがるのを防ぎました。”
  • tuto06212015/05/13 10:14
    RubyKaigi2014のはなし
  • tomiyanx2015/05/12 21:46
    Ruby 3.0の未来へ―、言語設計者のまつもと氏が示す3つの方向性とRuby哲学 | HRナビ by リクルート
  • Magicant2015/05/12 21:34
    型を明示することが「DRYじゃない」んだったら単体テストを書くことだって「DRYじゃない」だろ
  • matsumoto_r2015/05/12 20:29
    懐かしいしやっぱり面白い、もう数ヶ月以上前の話か…
  • riocampos22015/05/12 19:37
    この思想があるからRubyを使っていて楽しい。|Ruby 3.0の未来へ―、言語設計者のまつもと氏が示す3つの方向性とRuby哲学 | HRナビ by リクルート
  • uehaj2015/05/12 18:57
    非常に興味深いけど、新味があんまりない。
  • a2ikm2015/05/12 18:08
    並列処理モデル面白そう
  • ruicc2015/05/12 17:53
    オーナースレッドか、オブジェクトをbracketとforkIOとChanの組み合わせで構築して、メッセージはキューとして処理する、というのを最近作ったけどどうも窮屈でやる気が出ない..
  • katsyoshi2015/05/12 15:59
    いまさら感があるけど、よかった
  • oza_x862015/05/12 15:50
    笹田さんかっこよすぎる...
  • sezemi2015/05/12 14:58
    笹田さんだ!
  • t-wada2015/05/12 14:38
    RubyKaigi 2014 の Matz と笹田さんの講演のレポート記事
  • kiichi552015/05/12 14:18
    おもしろかったです。
  • tmtms2015/05/12 13:47
    去年の RubyKaigi の記事だけどなんで今頃記事になってるの?